給食宅配

現在、病院や福祉施設・保育園給食の受託業務およびお弁当による宅配業務等、 ご利用者様のニーズに合ったお食事を安全・安心をモットーに提供しております。

給食宅配について

栄養管理

経験豊富な栄養士がコンピュータで総合管理を行い、一人ひとりの病態に合わせた栄養素、カロリーを満たしながら、ご利用者様の声を生かした献立作りを心がけています。

選択メニュー

季節感を大切にし、選べる楽しさを味わっていただけるよう選択メニューを実施。バリエーションに富んだメニュー構成を展開しています。

厨房

HACCPの概念を取り入れ、徹底した衛生管理と高い安全性を確保。ハード面の充実と、細やかな配慮と工夫をこらすソフト面の向上の、両面の強化を図っています。
また、クックチル方式により、材料、時間、人材を有効活用。合理化、省力化と同時に、均一で質の高い料理の提供を目指しています。

HACCPとは、食品の危害分析、重要管理点監視の2つの部分から成り立っており、食品の原材料の生産から始まり、製造・加工・保存・流通を経て最終消費者の手に渡るまでの各段階で発生する恐れのある微生物危害(病原微生物及び腐敗・返敗微生物)について調査し、危害を防除するための監視を行うことで、食品の安全性、健全性、品質を確保するための計画的監視方式です。

真空低温調理

HACCPで評価が高い真空低温調理法で調理されたものも提供しています。素材を生かし、栄養価が損なわれずジューシーに調理されます。

ページのトップへ戻る